×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
動画集

VS野島嘉章第2戦(日本Jrフライ級タイトルマッチ)




野島という選手もしぶとい、玄人受けする好選手だった。誰とやってもそこそこの試合をするが、非力さ故か、不運な判定も多く落とし、世界挑戦はできなかった。喜友名も、世界戦を日本でやっていれば、人生変わっていたかもしれない。きびきびした動きの、穴の少ないボクサファイターだった。今の高山を力強くした感じかな。

VS大橋秀行戦(日本Jrフライ級タイトルマッチ)




この試合が両雄の運命を分けたような気もする。現行の採点基準、特にWBCなら喜友名の勝ち、であろう。手数が違いすぎる。ジャッジ諸氏に「大橋はパンチがある」というbiasがあったのでは???東京近辺の人は、是非後楽園ホールに足を運んでほしい。大橋氏は後に2回世界王者になり、今はジム会長、東日本協会長をしているが、容貌のあまりの違いに仰天するのでは。今では「パ○リロ」です。

フッターイメージ